カラオケの問題とまだ存在するプチぼったくり問題

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

カラオケの客引きを条件付で認めるということで新宿警察署管内カラオケ業防犯協力会というものがスタートして、まあいわゆる自主規制として、身分証と防犯協力のたすきをかけて外販するようになって二ヶ月ほど経ったが、たすきのせいで自主規制というか「逆に新宿区や警察の公認でカラオケの勧誘をしている」というイメージにつながっていて、お客としては怪しい人と思わないので勧誘成績は上がってしまっているような。
「どうなの?これ」という印象を受ける、と女子に言われました。確かに僕もそう思わないでもない。
携帯身分証については徹底していない人も一部にいるし、(大半はちゃんと胸から下げているが)これらの人たちがちゃんとしていないときに注意するべき立場の人がどこにいるのかもわからない。カラオケ業防犯協力会は、クレーム窓口なりなんなりを持つべきじゃないのかな。
====
あともともと存在しているプチぼった=悪質飲食店の問題も解決してないですね。ぜんぜん対処されてません。系統には2つあって、1つめは客引き(多くは外人)が、店に案内、場合によっては客引きの時点で予約金と称して前金回収(前金を取られる客引きは第三者だと言い張られるだろう)。>店舗は狭く、メニューも粗悪>時間制限が極端、どうにも見合わない料金を請求というやつ。さくら通り近辺、東通り近辺に4件くらいあります。
もう1つは昔からある1坪店舗のようなところの古いお店のぼったくり。急にママが店をかえようというと、怖いお店につれてかれたり。まぁむかーしからやってるのもあってか、年配さんが多いせいか、あんまりこっちはネットに情報出てませんけど。あと組関係の問題ということもあってかタブーっぽい。まぁ鼠が走ってるような古い飲み屋街に若干あります。
ここのブログなんかで結構書かれてますが(楽天ブログはメンテが多いので念のため)、以前には2chでも同様のスレッドが立ってましたな。
ただこういうネットでの「ぼったくり店投稿」は問題があって、まず1つは店名を間違える。間違え目的で店舗も名前つけてるからでしょうけど。ちょっとへたれなのでイニシャルで書いて申し訳ないですが、「Wの雫(閉店・店名変更)」なんて以前の2chの同様スレッドでは優良店の「Tの雫」と間違えられて書かれたりしますし。
あとは、投稿の性質上ちょっといやな印象があった程度の場合と、完全なボッタとが混在してしまう。ここで飛ぶ先のコメントで、コメントでいくなと言われている「E戸一」なんかは深夜営業としてはむしろ優良店の部類です。(匂いはビル自体の問題だから歌舞伎町ではしょうがないと思う)
しかし、法的にはかいくぐれるだけの方法論でやってきているんでしょうけど、この人たち(プチぼったグループ)が撤退できないような歌舞伎町るねっさんすのほうが問題なんじゃないでしょうかね。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう