歌舞伎町の居酒屋ダイニング、W杯日本戦でシャンパンかけを敢行

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(サンスポ)

日本勝利の際に「シャンパンかけ」を企画し、約300人が観戦した新宿・歌舞伎町の居酒屋ダイニング「ninja in N・Y」は、ドローながら勝ち点を得たことを祝って「シャンパンかけ」を敢行。若生宏店長は「分けは残念ですが、次のブラジル戦の必勝を期す意味で」と、約70本のシャンパンを無料で振る舞い、参加サポーターはうさ晴らしも兼ねるように大騒ぎ。都内の私大生(23)は「よく頑張ったが、勝ってほしかった」とポツリ。(ソース部分引用、前後略)

●これですね(シャンパンに囲まれる店長の姿も見れます)
厳密な名前は「忍者屋敷Ninja in New York」です。アシベ会館の大箱テナント。400人まで入れたそうなので、まだ若干空きがありますね。
http://www.tokyo-lifestyle.jp/20060613_32.html
ホットペッパーの記事
ぐるなび



↑他の新宿情報ブログも見てみよう