ビデオボックスライフ

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

 私じゃなくて友人なのだがビデオボックスのマニアがいる。
 ビデオBOXというと、男性専用なのでアダルトのイメージが先行しがちだし、場合によっては風俗店も兼ねている店もあるといわれるが、そんなこともないらしい。
 実は新宿歌舞伎町のさくら通り右側にある宝島24のビデオBOXは、一般ビデオがたぶんこのへんで一番充実。アダルト以外の棚も、結構な数の在庫があるという。定期的に在庫が入れ替わっているだろうからなんともいえない(なくなることもあるのでクレームとか入れないように)が、それこそ「天才たけし~」から「刑事ヨロシク」まで「たけし」系統のビデオがかなりあるらしい。また「ジャッカス・ザ・ムービー」とか。同じビデオボックスでも系列店ひまつぶしパラダイス高田馬場・さかえ通りだと音楽ビデオが新宿店ほどではないが充実しているなど(ESPの音楽学校が近くにあるせいか)、決してヌキ場だけではない、レンタルビデオ・リラクゼーションスペースとしてのビデオBOX需要もあるわけだ。
まぁたしかに、ビデオBOXでビデオを借りる分には「返し忘れる」ことはないので違約金などが発生しないし、いつも1週間以上返すのが遅れるなら、BOXにだらだらといて映画でも見るなんていうのも楽しいかもしれない。映画⇔アダルト というサンドイッチ方式で見るのもそれはそれでいい。暗い箱だから集中できるし、いつでも寝れるし、人に気配を知られず涙も流せて、下のほうからも何かを出すこともできて、シャワーも浴びられる(シャワーは1回しか浴びられないため、朝方に集中するので注意)。そして一人で気楽だ。
ビデオBOXのビデオの難点は、だいたいまとめて4-5本をBOXに持ち込まれるので、借りられてしまうとまずその日は帰ってこないということらしいが、友人がはまるのもなんとなくわかる。家まで持って帰って見るのはめんどくさいしね。遠方に住んでいるサラリーマンたちが、宿泊所の代わりに活用しているこれらの施設は、アダルト以外も守備範囲にして多様化していくことで生き残っていくのかもしれません。
●関連サイト
宝島24新宿店
※ひまつぶしパラダイスのサイトはあからさまに18禁なのでリンクしません。各自googleで。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう