新宿ホストクラブ「フェイズ」経営者が脱税

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(デイリースポーツ) (サンスポ) (京都) (日刊

東京・新宿の歌舞伎町にある人気ホストクラブ「フェイズ」を経営する水野正大代表(32)が2004年までの3年間に、約1億4000万円の所得を隠し、約4000万円を脱税したとして、東京国税局が所得税法違反容疑で東京地検に告発したことが5日、分かった。(デイリー ソース部分引用・以下略)

3年間全部、事業所得を申告していなかったそうで。フェイズを個人経営から法人経営に直してばれたんでしょうか。しかし脱税分払っても1億残るのか…。フェイズ2店舗の他、フォトスタジオ、フラワーショップ等手広くやっているそうです。源氏名は「流星」
経営者ははっきりとデータが残りますから挙げようはあるんでしょうが、一般ホストは私的なところに踏み入らないと挙げられないからグレーな所得がたくさんありそう…
サンスポだと、隠し所得を高級車や貯金に…って、高級車買って貯金してたらどうみても国税に把握されるだろうよ。うーん。シャンパンタワーを始めてやった人物、ということですが、どうも税金処理は相当下手だったようで。もう消えてますがTBSによれば、10年のキャリアがあったそうです。そしたらもっと上手くならないと…
追加情報が入ってきました
スポーツ報知)(日刊ゲンダイ)(日刊スポーツ

「(前略)ホスト界のイチローのような存在」(日刊スポーツより抜粋引用)

●関連サイト
歌舞伎町ホストクラブ社長/流星のブログ
フェイズ関係Blog
●広告
ホストが欲しがった、モテるための会話方法を、あなたにお教えします



↑他の新宿情報ブログも見てみよう