韓国の有名画家の手がけたスカーフ、職安通りの「仁寺洞」(インサドン)で2006年4月中展示会

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(朝鮮日報)

高い芸術性を誇る作品だが、初めての展示という点を勘案し、10万ウォン台の比較的大衆的な値段で販売する。 (ソース部分引用)

韓国の大手新聞、朝鮮日報にこういわれると、1万円台でもお得なような気がしますね。ちょっと言説に時折偏りのある朝鮮日報らしく竹島(独島)を描いてる人を持ってくるのはちょっと対日政治性がある気がしますが、37人の有名作家さんの大半はそのへん関係ないと思うので、是非とも見てみたいですね。
●関連サイト
仁寺洞(公式サイト)
公式リリース
仁寺洞(大久保うぉーく)
仁寺洞(Korea三昧)
●広告



↑他の新宿情報ブログも見てみよう