内藤剛志、学生(日芸)時代に長崎俊一監督と新宿あたりの喫茶店で意気投合。「だったら一緒に映画撮ろうよ」

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(夕刊フジ)
エピソードは当時文化人が集う新宿の空気が読めますね。それから23年がたって、「人生やりなおしがきかない」テーマの映画。いやあ、ダメな人生を送ってきた僕にはテーマが重過ぎます。
●広告
旅の総合サイト『BON VOYAGE!』



↑他の新宿情報ブログも見てみよう