1丁目、靖国通りから路地を入った処にあるSPAMむすびの店

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

2004年に記事にしていた、SPAMむすび専門店「TOKYO PUNCH KITCHEN」にいまさら(2006年3月)行ってきた。
 場所としては1丁目というか、靖国通りの東京厚生年金会館の対面左手にあるセブンイレブンの脇の路地を入った処といったほうがいちばんわかりやすいか。もし新宿御苑駅から行く場合は、若干遠いのを覚悟していかなければならない。
 説明は、向こうのエントリを見てもらうとして、SPAM自体はパンにはさんで食べる、塩味のミートスプレッドみたいなもんだと思ってもらえばいいかな。

 こういう店がまえ。2006年になっても残っているくらいだから、そこそこなんとかなっているのかもしれない。
注文すると、じゅうじゅうとSPAMを焼いてくれる。

 こんな感じで、モスバーガーのように包んでくれる。店内の場合はふたを閉めずに出してくれるぞ。

 開けたらこんな感じ。これはアボガドなので、ソースがもっとついてるものとか、卵が入ってるものはもう少しビジュアルが違う。
 ここの良いところは、お茶がフリーでサービスされること(自分で注がないといけないけど)。あとは僅か2席しかないけど、気にしなければ店内で食べられるということだ。僕が行ったときはおばちゃんたちが打ち合わせをしていたぞ。ここで防火責任者の表示を見て納得。米盛さんと書いてありました。見事に米を盛る仕事についてますな。米質はそれなりに良いものを使われているようで、地道な新宿情報では老舗Blogの新宿お買い物ラリーさんも褒めておられました。
●関連サイト
@新宿の「TOKYO PUNCH KITCHEN」紹介
●広告
ホットペッパー



↑他の新宿情報ブログも見てみよう