「新宿ではたらく部長のブログ」をソフマップ監査室が更新休止にさせる(と推定される)。ビック傘下になった影響か

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

 ソフマップ新宿店の部長が執筆していた「ソフマップの新宿ではたらく部長のブログ」が、ビックカメラ傘下になったソフマップ監査室の呼び出しにより(と推定され)2月24日をもって休止においこまれた。このブログはS部長のビジネスにおける苦労が見受けられる良いブログだったのだが、残念ながら店舗再編成などをはかっている本部から見ると容認ができなかったのかもしれない。鈴木体制の頃の、先進的なソフマップだったら絶対にそんなことはなかっただろう。しかも、役員ではないものの、新宿営業部長といえば実質的な地域店舗責任者=幹部で、そんなに下の役職ではない。企業ブログはいまやこぞって各企業が取り組んでいる中、特に読者側からのクレームがあった訳でもないのに残念。ちょっとかわいそうなのでコメント書き込んじゃいましたよ。
 企業防衛としては監査室側の言い分も正しいのですが、なんかこう、もう少し上手く持っていく方法はなかったのかと思います。
 トラックバックにあった「日本では会社が中国共産党」ってよくわかります。日本の共産党は別にいいんですが、昨今中国共産党はYahoo!chinaで「自由(自由民主党とか)」とか「天安門事件」とか入れると永遠にアクセスをブロックされます。つまり、検索でさえ自由が無いという意味でいわれているんですが、まったく的を得た言葉だと思います。
●関連サイト
(元)ソフマップの新宿ではたらく部長のブログ(現在)( T-T)/~~
●広告



↑他の新宿情報ブログも見てみよう