ネット放送局、新宿放送局のターゲットは女性

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

 インターネット動画で新宿情報をお届けする「新宿放送局」。先日オープンしたのは「テストサイト」なのだそうですが、某サイトで女性ボランティアの求人がありましたので、コンセプトがなんとなくわかってきました。
 女性が「安心して楽しめる街」「かっこかわいく遊べる街」へ、メディアを使って新宿を変えたいという意思があるそうです。
・ 新宿を中心としてさまざまな切り口で番組を制作
・ イベントも行う
・ 番組やイベントを生放送で、アルタビジョンでも放映予定
・ 「歌舞伎町るねっさんす」事業にも参加し、歌舞伎町をクリーンに
・ 新宿発のインディーズバンドを応援
なるほどー。イベントで採算を取るのかとも思いましたが、この方向だと広告モデルで行くのかな?
 もちろん現時点で収益がないでしょうからある程度はボランティアでもいいと思いますが、同人組織ならまだしも5000万も資本金があるんだから、ある程度歩合で払うとか、使える人は雇いこんでほしいものですね。CSの「つくばテレビ」だとディレクターでもアルバイトの人がいますが、そこのアルバイト待遇もまだましに思えてきましたです。それでも、大学生や東放とか千代田工科の学生さんとかだったら勉強になりそうな気もするので、気になる人は新宿放送局に問い合わせてみてくださいー。
辛口なことも書きますが愛あればこそなので頑張ってください。
テストサイトの段階でそんなに極端なアクセスはないと思うのですが、バーチャルサーバのせいか、若干トップページが動画にひっぱられるのか、表示が既に重い時もあるようですよ。
●関連サイト
新宿放送局
●広告



↑他の新宿情報ブログも見てみよう