歌舞伎町に関する芝居が歌舞伎町で5月開催

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

歌舞伎町案内人身辺日記を見ていたら(読みすすめてください)、歌舞伎町を題材にした演劇公演の案内が。しかも李小牧氏も出るそうです。声も大きいし、芝居にリアリティは出るとは思いますけど、あの人結構ダミ声だからちょっと心配だなぁ。
ということで公演は
東京ギンガ堂のサイトを参照のこと。
東京ギンガ堂次回公演
●公演名「東京雀駆都市(トーキョー・ジャンク・シティ)~歌舞伎町物語」(仮題)。
●脚本・演出:品川能正
●原作・脚本協力:李小牧(李小牧氏も役者としてステージに立つそうです)
公演日程は、2006年5月17日(水)~21日(日)
20日(土)のみ2ステージ。計6回、4200人の動員予定
場所:シアターアプル
2003年に上演された「東京ジャンクシティ」をリメイクしたもの。
キャッチを見ると
演場所は歌舞伎町のど真ん中
コマ劇場前広場をはじめ、歌舞伎町の街全体を舞台にし
最終的にシアターアプルに舞台を移す!
と書いてあるけど大丈夫かな(笑)。映像送信などで済ますなら問題ないでしょうけど、リアルに演じるという形の場合、客の移動はどうするんでしょうか…。コマ公演や、時折の特殊な状態などとぶつかると、だいぶもみあいになるような気がしますが…。
オーディションがあるようです。公演に出る形になるので4-5月の間に余裕が必要。
オーディション概要
うわ、品川さんてなんか名前聞いたことがあると思ったら元OFFOFFOFFの芝居書いてた人か。
劇団OFFOFFOFFは遠く縁があって、昔好きだった女の子がそこの劇団員にはまっていたので1回見に行ったことがあります(印象はまったくないけど)。あとどっかにお店持ってたよね。未来テレビとかで見たような。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう