鉄道基本問題調査会顧問、北陸新幹線の新宿ルート必要と講演で発言

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソースはこちら(富山新聞社)

自民党整備新幹線等鉄道基本問題調査会顧問の野沢太三前法相は八日、富山市の名鉄トヤマホテルで講演し、大宮駅から新宿駅に新幹線が乗り入れる地下ルートを整備する構想について「北陸新幹線の利便性を高めるために必要」との認識を示した。財源は現在の新幹線予算とは別枠で用意すべきだとした。(ソースより部分引用、以下省略)

富山側のメリットだけを考えての発言だと思われますが、それでも新宿に新幹線が通るとそれなりに便利な訳で、わりと路線選択肢が増えることは賛成します。あとは前に紹介した記事でも書かれていることと大差ないのですが、顧問というチカラのある方の発言ということで現実性が高まってきているのを感じますね。いったいどこまで新宿は拡張していくのでしょうか。
(追加)元首相の森さんも発言。大筋容認なものの、新宿単独ルートは嫌みたいですね。東京への並行乗り入れも主張しています。森さんが決めるのはどうか。→こちら



↑他の新宿情報ブログも見てみよう