歌舞伎町の喫茶店での射殺事件、中国人被告に無期判決

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

→ソース(日経)(読売)(日刊スポーツ)

東京都新宿区歌舞伎町の喫茶店で暴力団幹部2人に発砲し死傷させたなどとして、殺人罪などに問われた中国人の元日本語学校生安永被告(31)に、東京地裁は29日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 判決理由で村瀬均裁判長は「残虐な犯行で、所属していた中国人不良グループの体面を守ろうとした動機にも酌量の余地はない」と述べた。(日刊のソースより部分引用)

なんか3紙読むと、裁判長の文面が3つとも微妙に語調が違うんですが、こういうのは統一しなくていいのかなぁ。歌舞伎町みたいな有数の繁華街で発砲すると社会的影響から看過できないよ、という意味合いなのはわかるんですが。中国人をマフィア扱いしないで「不良グループ」と言ってるのはいいと思います。だって日頃某サイトでも福建の某氏が「マフィア扱いするな」って常々主張されてましたしね。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう