アミューズがコマスタジアムの第三者割当増資を引き受け

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソースはこちら(日経プレスリリース)
 なんかこないだの、例のイベント(新宿区長も出席)にアミューズが(会見で)かんでたなぁと思ったらこういうことでしたか。アミューズというと、サザン、スーパーエキセントリックシアター、サンプラザ中野、福山雅治、ポルノグラフィティ等を初めとした音楽系タレントのマネジメント大手で、映画館(シネアミューズ)、映画制作(下妻物語等)もしている会社ですが。比較的他の芸能プロダクションと比べるとダーティな色合いが低い会社なので、こういうところに持っていくのは妥当だとは思いますね。でも施設持っちゃうとどうなんだろう。いままでのコマの色は消えるということなのだろうか。演歌興行界隈の人たちとの調整はアミューズがするのでしょうか。
 かつては「イカ天」で幅を利かせたアミューズですが、実に(新しい公演が考えられるという)期待と(コマ劇場のゴージャスな演歌公演が好きだった人には)不安を入り混じらせる展開ですね。
まあ一応

その中でも自社所属のアーティストに依存しないステージや、イベントなどのライブマネージメント事業を強化する方針を掲げております。

といってるようなので、それが合意に至った理由なんですかね。
とはいえ、過去のリリースでは

(1) アミューズは、コマ・スタジアムに対し、コマ・スタジアムが運営する新宿コマ劇場、シアターアプルおよびコマ東宝劇場において、作品の企画・制作・主催または配給する業務に関し、ノウハウを提供する。また、アミューズが、公演事業を行う際に上記の劇場を利用出来るように協力関係をコマ・スタジアムと構築する。(部分引用・機種依存文字改変)

 とあったりするので、この提携に5億円近くを用意(リリース)したアミューズの公演使用が優先になることは明白なような気もしますが。後から上のように文言が変わったのにはやっぱり興行関係と微妙な軋轢があったんじゃないでしょうか。憶測ですが。
ちなみにコマ劇場は『WE WILL ROCK YOU』(5月27日~8月24日)終了後は9月に北島三郎特別公演、10月に「笑われたかった男」~林家三平物語~(コロッケ主演)が予定されている。
[関連記事]
3mのフレディ・マーキュリー像、歌舞伎町シネシティに登場&コマ劇場が黒色に改装(アミューズ会長などが参加)
下妻物語
[関連リンク]
アミューズ
阪急東宝グループ
阪急電鉄
コマ・スタジアム
それにしてもコマが平成10年に閉めたレストランが「アプローズ」という名前なんですが、アミューズの映画DVDのレーベル名も「アプローズ」だったりして、謎の縁が面白いです。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう