「以前よりも整然」南野法務大臣が歌舞伎町視察

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソースはこちら(共同)

南野知恵子法相は13日夜、週末でにぎわう東京・新宿の歌舞伎町と、同地区周辺の不法滞在外国人を摘発する拠点となっている東京入管新宿出張所を視察した。(中略)
午後9時前から若者でにぎわう新宿コマ劇場周辺などを約15分間、見て回った。視察後の会見で南野法相は「以前、わたしが歌舞伎町に来た時よりも整然となっている。摘発の効果が出ていると思った」と語った。(後略・要旨引用)

 歌舞伎町案内人がその前後にもエレベータ故障事故とか、Lee3ビル近くのホテル(注:とおりに面したところではない)での自殺とか、バッティングセンター付近でのヤクザ殴り合いとか様々な事件があったのに報道されていないのはこの発言の為の建前だったんじゃないかと推測分析していますが、確かに報道されないレベルでの事件は結構ありますねぇ。自分も見ましたよこの前後に客と黒人客引きとの喧嘩とか、区役所通りで女をガンガン殴りつけてる男とか。以前より整然とやってるんでしょうか(苦笑)。
 居酒屋・カラオケはともかく、水商売・風俗で客引きの店には行かない、が歌舞伎町を安全に遊ぶための大鉄則ですが、最近、聞くところによれば黒人客引きの店の一部はぼったくりどころではなく店内で飲ませたあげく昏睡させるそうです。くれぐれもお気をつけて。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう