激安店「コメ兵(こめひょう)」新宿店買取センターが8月開店、秋には700坪の売り場がオープン

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(日経不動産マーケット情報)
コメ兵リリース(PDF・要アドビリーダーorアクロバットリーダー)
リサ・パートナーズのリリース
名古屋では有名なリサイクルデパートを標榜する「コメ兵」(株式コード:2780)。昨今は都内にも出店していましたが、新宿区新宿3丁目駅徒歩1分の第二武蔵野ビルを1棟借りし、「新宿店」の為に15年間の定期建物賃貸借契約を結んだそうだ。15年はここでやるという決意でしょうか。フロア構成は、買い取りセンター(B1F、約70坪)と販売フロア(1F~7F、約700坪)。もともと新宿3丁目には別の建物に買い取りセンターのみ置いていたのですが、ついに本格出店。都内では買い取りセンター類を含めて4店目ですが、このお店の動向を見て今後どうなっていくかが決まるそうです。
ドンキホーテ等がブランドを含む安売りで有名ですが、コメ兵の新宿進出で、状況は大きく変わりそうです。
→現在の第二武蔵野ビルの持ち主は不動産活用・企業再生業者のリサ・パートナーズ(本社・千代田区、株式コード:8924)で、提携先のソロス・リアル・エステート・インベスターズ(本社・オランダ、世界的に有名な投資家ジョージ・ソロス氏の関連会社。日本では米ウエストモント・ホスピタリティ・グループと共に、京都ロイヤルホテルやリーガロイヤルホテル成田を取得した実績がある会社)と共同出資で取得したようです。リリースの4月25日にこの一件が出ています。
どうやらコメ兵の株価は新宿店出店を好感し、発表から3日間は急上昇したようです。
どうやらだいぶ前は丸井のFIELD、その後はマルイワンのあった、伊勢丹の脇の明治通り沿い・映画館近くのあたりの青いビルのようですね。2004年12月26日までは武蔵野興業(映画館の武蔵野館などを持つ会社)が持っていたのですが、売却されました。現状も1Fには何か入っているようですが、今入ってるテナントは所有企業なのかな?
●広告
コメ兵 ジュエリーバザール



↑他の新宿情報ブログも見てみよう