幡ヶ谷の納豆丼専門店「ねばり屋」にいってきた

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

 新宿から幡ヶ谷といえば京王新線で2駅だが、ねばり屋は以前から気になっていたお店。
 本来は幡ヶ谷駅下車~六号通り商店街の相当奥の左側、というルートを辿るのだが、新宿西口から水道道路で六号通り商店街前下車(商店街の入り口が反対側になるのでこちらから見ると入ってわりとすぐの右側がお店)、というルートで行ってみた。徒歩で30分くらいだろう。車だったので10分くらいで着いた。
 このBlogの左柱「気になるもの」にも「ねばり屋」が書いてあるが、最近読売新聞にも載った。おやじの履歴とかも書いてあるので(想像と全く違う履歴である)、3月2日の新聞が手元にある人はごらんあれ。
(3月2日 [食在東京]納豆 ねばり屋 食べ方お好み、評判口コミ – 読売新聞 (1254文字) ※有料記事しかなかったので、リンクしてません)
 NiftyDailyPortalZでも目印として書かれていた看板を発見。花屋さんと同じビルです。階段を下りる。地下に行くにつれてたちこめる納豆の匂い。この感覚は他の店にはありませんね。
 券売機で、どんぶりを買う。大盛りにする。カウンターに座る。喫茶店やレストランのカウンターだと思っていい。
 結論から言えば、納豆の質は優れていると思った。納豆にはうるさい自分だが、あまりしょうゆをきつくたらさなくてもいける味だ。やや大粒。
 なかなか新宿から行こうという気にならない幡ヶ谷だが、自転車やスクーターならすぐ行ける。また行ってみようと思った。
【関連リンク】
ニフティDailyPortalZ・納豆ごはん専門店があった!
幡ヶ谷ねばり屋応援ページ
●広告
ホットペッパー



↑他の新宿情報ブログも見てみよう