歌舞伎町外国人犯罪&元国家公安委員長までされる職質

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

外国人犯罪に関する報道がありましたがタイムリーなことに、歌舞伎町案内人・李小牧氏がAllAboutJapanの記事「歌舞伎町案内人が解く外国人犯罪」にてインタビューされています。
ここのガイド役の佐伯さんもかなり歌舞伎町の事情に詳しそうですが、プロフィールに佐伯さんの名を語る探偵事務所とは一切関係ないとか書いてあって、面倒なことに悩まされてるんですね。
いろんな事件が採り上げられてましたが、いくつかの話は知る範囲でも心当たりがあるので言ってることは間違ってないです。ただ最近の偽装結婚は相場が安いんじゃないかなぁ。
最近の治安がらみの話だと、秋葉原などでは職務質問が流行ってるらしいですが、ヲタクの人は自分が(ナイフやドライバーなどの所持が理由で)捕まってコピーソフト売りが捕まらないことに不満たらたらのようです。リンク先には「捕まらない理由」が書いてありますが、真実はもっと別の所にあるんですけどね。
 渋谷では元国家公安委員長が職務質問を受けたとして日刊スポーツ紙(全国)に報道されたりしています。(他の媒体にはあまり載ってないですね)
本人が語ってます
 行き過ぎ感もここに極まれりといったところ。まあ国家公安委員長が職質されるのはある意味では公正ですけどね。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう