フィリピンダンサーの同伴出勤が禁止へ

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

フィリピンからのダンサー派遣について、同伴出勤などを禁じることになったようだ。→ソース
ものは言い様というか、ダンサー、タレントとして派遣されてきたフィリピン人が実質的にフィリピンパブや場末の風俗店などで働いている例が、世界的には「実質的な人身売買」と見なされているため、批判を防ごうと、このようになったようだ。
日本でも昭和50年頃から、フィリピンパブなどのブームが起こり、実質的な風俗産業に関わる女性が当時は少なかったこともあり、かなり多数のフィリピン女性が来日し、働いていた。
人ごとでもなくて、僕の知り合いの社長は、G7で出会ったフィリピン人女子と結婚してる。結構、外人と結婚した人でフィリピン人っていう人は多いんじゃないかと思う。
しかし、実質的な招聘団体がこれを禁じられるっていうことは実際は、その手のお店への供給源として、業界ぐるみ(でやっていた)ってことだよね。
キレイな規則を作ることで逆に暗部が出ちゃってるような気がする。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう