レトロというか、40代以上の新宿。

この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

 仕事が忙しくて今週は新宿に2時間しか帰れなかったので殆ど生の新宿関連についての話題を書けない。今も会社だ。早く新宿で飲みたいな。そういえばこないだ新宿の某飲食店(このBlogに出てる)に行ったら、おしぼりが半端な本数納入されていた伝票が残っていた。たしか37本だったかな。そのお店おしぼり出ないのに(苦笑)。こういうのが「大人の付き合い」っていうものなのかと思ったが、みかじめ系の人も、もう少し店に適したものを納品してあげればいいのに…。
さて本題。
 コマ劇場という歌舞伎町のセンターに位置するメイン的な建物があるが、ここは阪急東宝グループだったりして、宿泊のご案内がむりくり築地の阪急ホテルだったりする(新宿のホテルを案内すればいいのに。阪急は新宿にホテルを作らないのは不自然だなぁ)。コマの公演のメインは演歌公演だったりして、ある程度興行関係の付き合い=アングラなイメージを若者は抱くが、普通におばさんがおばさんのアイドルたちに発情するスポットでもある。よく地方の企業が団体で来るが、好きな人には楽しそうな世界。終演時間の後になると、(以前にも書いたが)ほくほくと頬を火照らせたおばさん、おばあさんの波が放たれる。彼女たちは、いったいどこに消えるのだろうか。
 その隣も阪急東宝ビルだったりするが、上のほうには「クラブハイツ」という大箱のキャバレーがある。(同じビルにある大箱の居酒屋、ととやの経営する「せんとらるぱぁ~く」は潰れたままなのかな)。ステージスケジュールを見ると「宮路オサム」とか「祐子と弥生」だったりとかなかなか渋い。いい年の人が楽しめるスポットだ。昔池袋のキャバレーのネタを書いたことがあるが、根強く人気となっているので多分新宿の需要もあると思うので書いておく。ネットで30分延長無料チケットもあるのでどうぞ。たまにここは箱貸しでプロレスやライブなどが行われることがある。
 向かいの東亜会館には、目立たないがこんなところもある。レトロなダンスホールだ。社交ダンスは地道に多数のファン人口がいるが、ホール経営は歌舞伎町では効率がいいとはいえないだろう。あえて頑張っている東亜は実は結構偉いと思う。「新宿文化」みたいな世界は、こういった大きいビルオーナーによって末永く守ってほしいと思うのだ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう