風林会館・パリジェンヌが改装中

この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

 今朝も歌舞伎町を歩く。途中、デリヘル用ホテルの前でSM業界の立花マリさんとすれ違う。向こうは気づかなかったけど。ゴールデン街の飲み屋「たちばな診察室」の仕込みかな。
 区役所通りを歩いていて、なんか寂しいなと思ったら、歌舞伎町区役所通りのランドマークでありちょっとこわもてスポット、風林会館1Fの喫茶店・パリジェンヌが空になっている。水商売とその筋の方で有名な喫茶店で、私の知り合いは「コーヒーを飲んでただけなのに、目の前で誰かが切りつけられて返り血を受けた!」と学生の頃よく話題にしていた。まあそんなこともあったりするが、レトロ豪華な内装だし、歌舞伎町の中ではあらゆる夜の人たちに愛されていた喫茶店のひとつだ。
 なんでも、大幅な改装を行うらしい。開店は9月中旬とか。
 気になるのは、その貼り紙の隣に「1Fパリジェンヌ・ポロロッカ食品館(順序は逆だったかも)」と書いてあることだ。
 都内では比較的高級スーパーであるポロロッカ食品館が、区役所通りの中央に進出してくるのなら、かなりがらっとイメージが変わる。(パリジェンヌ近辺で度々あった)発砲事件も減りそうだが、逆にポロロッカでなんかあったら洒落になんないな。
 それともパリジェンヌの運営主体がポロロッカなのだろうか?単なる同居テナントなのだろうか。謎が謎呼ぶ感じだが、9月中旬になればすべては明らかになるのだろう(貼り紙には、ポロロッカが開店するという説明はない)。
 なお、ランチタイムは3Fでパリジェンヌの仮店舗が営業しているようである。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう