池袋でデイユースホテル

この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

 とても眠いのだが会社だとエアコンとかLAN機器が唸って安眠できないので、上でリンクを貼ってる旅の窓口でデイユース予約をして、池袋にある某中堅ビジネスホテルへと向かった。
 デイユースの受付を済ますとホテルの受付嬢の笑顔(しかも3人)が「おまえらやましい用途に使うんだろ」という顔に見えてしょうがなかったが、実際のところはわりとまじめな利用が多いようで、いわゆるエッチな声などはまったくせずよく眠れた(ロビーカウンターをスルーしてエレベーターにも昇れるところだったので、そういう用途にも使えそうだけど)。汚くないので、また使おうかという気になった。寝る前に見たフジの靴屋3人兄弟のドキュメント、病気の兄と幸せを望むナレーションの後、放映4日前にその兄が死んでるのをエンディングテロップで確認し鬱になる。夜はホテルから歩いてすぐのラーメン名作座の函館麺や一文字。入っているほうだが、高評価ではないかなぁ。どっかのBLOG評読んでからいけばよかったかも。ロッテリアによって部屋に戻る。チェックアウト後、池袋駅前のマツモトキヨシでヴァームを買って吸い、池袋から馬場まで歩き、今は大正製薬ビルのデニーズに立ち寄り、桃フレッシュとアイスカフェラテ。最近職場環境が変わったので行かなくなったけど、デニーズ、やっぱり総合点高い。隣の隣のOL客が「オマエモナ」とか「オマエガナー」とかいってるのが痛いが、これからまた歩いて職場へ向かう予定。
 まぁ一緒に泊まる人が居ればもっといいのだが、ひとりでのデイユースホテルもだらだら寝るのならお勧めする。こういう小規模な宿でなくシティホテルのデイユースとかだと、普通のラブホではじかれがちなゲイのラブホテル代わりの利用や、大人のパーティなどもあって実は普通以上にドアの中はいかがわしかったりするのだが、それはまたそのうち別項で。
東京・首都圏のホテルオールガイド第4版
東京・首都圏のホテルオールガイド第4版
禁煙ルーム検索
禁煙ルーム検索)(楽天トラベル)
楽天トラベル



↑他の新宿情報ブログも見てみよう