今はもう無い「ゆたか」

この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】


 ゆたかは高田馬場で関西風のおでんとうなぎを出す名店で、よく同僚の人が昼間から酔っ払っているところだった。
 高田馬場には少なくとも接待に使えるレベルとしての大人の店は少なく、その中では同店は接客も丁寧で、いわゆる居酒屋としてもレベルは高いものだった。駅前すぐだというのに狸の置物が置いてある渋い店だったが、時代の変化で、近年跡地は吉野家になってしまったのは寂しい限りだ。
 マッチ箱だけをなぜか捨てられずに持っていたので、ここで形にしておこうと思ったというだけのログ。なぜ捨てられないのかは多分この秀逸な「おやじです」のイラストのせいかと。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう