西口のイベント広場などでおなじみの東京都道路整備保全公社が事業計画と異なる収支計画で都と事業協定を締結、利益上乗せの疑い

ソース(MSN産経)

都内5つの大規模駐車場の指定管理者である東京都道路整理保全公社(新宿区:本社新宿モノリスビル)が、計上対象外になる利益を上乗せさせている疑いがわかった。

これについて、包括外部監査報告は「単純に2500万円の金額が都の収入から差し引かれ、公社の収入に上乗せされていることになる」と、不透明な収支に言及。都側は17~18年の耐震補強工事で駐車場の一部を休止したことが減額の原因と説明したが、「差分についての説明は一切ないのが現状」と包括外部監査報告書は厳しく指摘している。

サイトだけみてるとそんな悪いことしてないように見えるのだが、やっぱり道路関係は微妙に腐ってるといっても差し支えないように思う。

●リンク
公益法人(財)東京都道路整備保全公社 

外郭団体・公営企業の改革 (自治体経営改革シリーズ)外郭団体・公営企業の改革 (自治体経営改革シリーズ)
著者:蛯子 准吏
販売元:ぎょうせい
発売日:2009-06
クチコミを見る
 



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA