街が語りかけてくる小説

この記事は7年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】


“Original Update by midorisyu

ソース(毎日)

土建業のブローカーを自称する男に養われている女性は、平屋がつながる先に高層ビルがそびえる西新宿の光景を見て、行ったことがないのに、ニューヨークの下町みたいと思う。

まあ小説は、街をテーマにすると作りやすいですよね。街に生活は根付いているわけですから。(上部の引用文は、佐藤洋二郎著『東京』(講談社・1680円)より。)なにげに2冊とも講談社なのはなんでだろう。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう