新宿にあった名喫茶スカラ座

この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】


 ひっそりと新宿からすがたを消したツタの葉だらけのレンガの建物。スカラ座は、その古い佇まいのために、誰もがそこにあることを知りつつも通り過ぎ、21世紀(2002年12月)には閉店へと追い込まれた名曲喫茶だ。
 無くなると聞いて、その閉店間際の日、ネットで同じ情報をキャッチした無面識のザーメンなんとかさんという人と一緒に行った。
 雰囲気があり、内装も素晴らしく、時代が止まっているかのようだ。入り口際からは、階段で上に上がるようになっている多層構造。しかもメイドさんみたいな格好の給仕の人がたくさんいる。この喫茶店を利用しなかったことが惜しまれた。窓からは、ぼーっと「ヘルス11ちゃんねる」とその脇の公園が見えていた。「ヘルスを見ながらお茶飲むって変ですね」と思った。ここは軽い酒も飲めたんだよね。ああ、昔から知ってればよかったなぁというお店であり実に勿体無い。。ココアを飲み干すと、空が真っ黒の歌舞伎町の街へと出て、感傷に浸った。別に店に思い出はないが、この周りには思い出がたくさんあるのだ。
 その日は、現在「世界の山ちゃん」へとスペースが転生した「ととや(倒産)」で飲んで、家に帰った。あのお店も「隠れ家」的でよかったよなぁ。
新宿は思い出をきっちりと覚えてないと、「ここ何があったっけ?」と忘れてしまう空間だ。だから自分はBlogで最低限の情報を残しておこうと思ってこのサイトをやっている。
 
 その後、閉店した「スカラ座」はしばらくし、その建物自体が壊される。後日、実に明るい建物がたった。その建物が大阪から奇跡的に良いスペースへと進出できた「ラーメンかむくら」であることは言うまでもない。

<リンク>
「日曜研究家」串間努がレポートしている。写真豊富

西口で復活したようだ。
http://www.odakyu-ace.jp/shop/index.jsp?bf=1&fmt=6&shopid=11



↑他の新宿情報ブログも見てみよう