大京町でタクシー恐喝。5万円を脅し取って逃げる。

この記事は8年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(TBS/動画あり・すぐ消えます) (毎日JP)

2日午前3時ごろ、新宿区大京町の路上で、タクシーに客として乗っていた男が、「ここで知り合いを乗せる」と言って、タクシーを停めました。
そして、タクシーからいったん降りるふりをして、今度は助手席に乗りこんできて、ペーパーナイフのようなものをちらつかせながら、運転手の男性(43)に「金を出せ」と要求。
運転手が、現金およそ5万円の入った自分の財布を渡すと、男はおよそ4000円の運賃を支払わず、そのまま走って逃げました。運転手にけがはありませんでした。
男は年齢が20歳~30歳、身長は180センチ前後で、白っぽいジャンパーと黒っぽいズボン姿だったということです。警視庁は恐喝事件として男の行方を追っています。(TBSソース部分引用・前略)

大京町というと車で行く人しかあんまり知名度ないですが(新宿側からみて御苑の先、信濃町寄り)、そんなに無茶苦茶遠いところでもありません。近年、タクシーの運転席の後ろには、防護用のアクリルがついていることが多いですが、助手席に乗り込むと運転手は無防備になってしまいますから、危険ではあります。まー野蛮な人もいるので、運転手の人が無事だっただけよかった。ちなみに、今のタクシーは、事故などがあった場合は、自動で録画できるようになっているものが殆どなので(ミラー辺りや計器をよーくのぞき込むとあったりする、同意をとってないので通常は廻ってないが、事故時は録画するようなシール貼ってる車もある)、わりと明らかになるのは早いと思うんですけどね。

 

江戸川でも同様の犯罪があったようで、もしかすると同一犯の可能性もあるようです。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう