ホテル遺体の身元判明、夫とも連絡とれず

この記事は9年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(時事) (読売) (産経) (朝日)

女性は住所・職業不詳幸山容子さん(58)だったことが12日、警視庁捜査1課と新宿署の調べで分かった。

同室を借りた男性が所在不明のままで、同課は行方を捜している。

調べによると、幸山さんは結婚しているが、夫とも連絡が取れない。

男性は8月ごろから同ホテルに宿泊。当初はツインルームだったが、途中からシングルルームに変わった。 (時事ソース部分引用・前略)

ワシントンホテル24Fの一室でスーツケースに入った遺体が見つかった事件ですが、本日17~18時くらいの配信内容によれば、名前まではわかったようです。身元が判明したことで事態は進みそうです。病死説がわりとある状況ですが、住所・職業が不詳なのは、そこまでのデータが取れていないのか、それとも流浪の人なのでしょうか。

読売は一度警視庁幹部によると「DNA型が遺体と一致」と流してますが、後に削除してますね。

続報(朝日)

同ホテルでは、遺体発見前日の4日に異臭騒ぎがあった。捜査関係者によると、この男性がフロントで掃除機を借りた様子がフロント前の防犯カメラに映っていた。スーツケース内の幸山さんの遺体は布団用の透明な袋に入れられ、空気が抜かれて袋が張り付いていたという。この際、においが漏れ出して騒ぎとなり、男性は逃走したとみられる。掃除機は部屋に残されたままだった。(中略)一方、異臭騒ぎのあった4日には、幸山さんの知人に、幸山さんを火葬したとする電話がかかっていたことも分かった。電話の主は、幸山さんの息子を名乗ったが、息子は存在しないという。

わりと新しい情報が出てきました。夫はどこに。そして、なぜ息子の名を名乗って知人に…? 謎が残されます。

※2008/9/13 いろいろ追記



↑他の新宿情報ブログも見てみよう