ZAKZAK(夕刊フジ)が今年消える歌舞伎町のグランドキャバレー「クラブハイツ」をお勧め

この記事は9年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(ZAKZAK)

はや平成も20年。昭和の面影をとどめる場所が、またひとつ姿を消そうとしています。東京・新宿の日本最大規模のキャバレー「歌舞伎町クラブハイツ」は今年いっぱいで閉店します。

豪華シャンデリアが輝く500人収容の社交場は、まるで日活映画のワンシーン。惜別の声は常連客はもちろん、ステージに立つアーティストからも日に日に高まっています。(ソース記事部分引用・以下略)

後半は特定グループ(デリシャスウィートス)のパブ記事ともいえなくもないですが、逆になんにも誰がいつ出るのかとかわからない人にはいいんじゃないでしょうか。僕も以前行ったことありますけど、場所と、あといい年したオヤジばかりが踊ったりしていて、もういい年であるところの僕らが客としては最年少だったのがすごかった。内装がすごいです(HPでも若干観れますが)あとエレベーターのオヤジが必見。名物の人でこの人ほど歌舞伎町を長く、エレベーターから観てきた人はいません。

●関連サイト

クラブハイツHP (東京テアトルグループ) まだ求人もしてるみたいだからラストに向かってちょっとやってみたい方はどうぞ。ステージスケジュール、割引券とかもあります。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう