東京国際シネシティフェスティバルの後継・歌舞伎町誕生60周年記念「歌舞伎町フェスタ」が10/31-11/3に、新宿ミラノ1で開催

この記事は8年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(新宿経済新聞) (歌舞伎町フェスタ2008公式サイト)

 

歌舞伎町フェスタ 2008の前身は、過去2回開催された「東京国際シネシティフェスティバル」(通称・東京シネフェス)です。東京シネフェスは、2005年に幕を閉じた「東京国際ファンタスティック映画祭」の後継イベントとして、歌舞伎町を盛り上げてまいりました。今回、歌舞伎町誕生60周年を契機に、文化の発信地である歌舞伎町らしいイベントにしたいという願いのもと、「歌舞伎町フェスタ 2008」に改称いたしました。今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。(公式サイト下部より)

という感じで、従来のシネマオンリーなイベントではなく、「歌(うた)」「舞(おどり)」「伎(わらい)」の祭典となるようです。珍しく(歌舞伎町)2丁目町会、2丁目商興会も後援!企画運営は東急レク、主催は実行委員会、共催は歌舞伎町ルネッサンス推進協議会。

・オールナイト・フィルムコンサート
世界のCMフェス
・歌声喫茶ともしびが歌舞伎町に帰ってくる
・よしもとシークレットライブ
ラテン文化との出会い(シネシティ広場・ミラノ1)企画運営:NPO IMACTO LATINO
・歌舞伎町をきれいにしよう
・昼間の歌舞伎町を探検
・新宿の子供達が奏でる音楽の世界

などが決まっている模様。

 

「歌舞伎町清掃(おそうじラリー)」が毎回毎回どこでもなんのイベントでもはいってんのは正直どうよと思わないでもないですが(本来、来街者に参加を求めるものではない)、多文化系のフェスとか、オールナイトフィルムコンサートとかはいままでと傾向が違ってるので期待できます。「ともしび」は正直歌舞伎町の向かいにあるのに、道1つ隔てただけで海を渡ったようなアプローチはどうなんだろ(1000人の大同窓会だそうですが)。よしもとは7月の例のでも惨敗してるのに、シークレットにしてしまってどれだけ人が集まるのか、という面ではどうなのかなと思います。すげー大物が来るんならいくら隠しててもいいんですが、もしもったいつけてしょぼかったら二度と歌舞伎町こないと思いますよ。。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう