ピカデリー7/19オープンで新宿が日本最大の映画街に

この記事は9年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(日経トレンディ)

東京の主要映画街の推定年間動員数は、銀座350万人、新宿300万人、渋谷200万人、池袋と六本木が150万人。特に銀座は日本一の動員数を誇る。新宿ピカデリーは、年間動員数150万人を超える日本一のシネコンを目指している。新宿の年間総動員数が銀座を超え、日本最大の映画街に躍り出る計算だ。

と松竹の60億の投資を褒めつつも、一方で歌舞伎町で次々閉館という話を書いている。といっても既に建替えが発表されている新宿東宝会館の「新宿プラザ」、コマ劇場の「コマ東宝」「シアターアプル」だが。ピカデリーによる既存劇場への影響次第ではどうなるかわからないと書いているが、もともとそこまで食い合うかどうかはよくわからないところ。

ただ、ピカデリーのほうがバルト9よりは駅近で明らかに人の流れが変わるであろうことは想像できる。歌舞伎町が映画興行のその先について、たいした代案を出せないままであれば、このまま沈む可能性も否めない。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう