昨年9月に横浜市神奈川区で家宅捜査中の新宿署警部補が拳銃で撃たれた事件、元山口組系幹部に懲役20年の判決

この記事は8年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(読売)

この事件、新宿で行われたことじゃないので意識してませんでしたが、射殺目的だったとは、新宿署もなかなかハードな現場を踏んでるなぁと思いました。

判決によると、福原被告は昨年9月1日早朝、新宿署の捜査員8人が自宅アパートを捜索した際、捜査員を射殺して逃走しようと、ベランダにいた警部補に向けて拳銃を1発発射して逃走した。

ベランダの鉄製支柱に当たって跳ね返った弾が警部補の左腕に命中し、3週間のけがを負わせるなどした。(読売ソース部分引用・前略)

臨場感を持って伝わってきます。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう