覚せい剤所持で板橋の姉妹逮捕「歌舞伎町のクラブで購入」

この記事は9年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(毎日)

自宅マンションに覚せい剤を隠し持っていたとして、警視庁少年事件課は22日、板橋区の無職の女(21)と妹で専修学校3年の少女(17)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。2人は容疑を認め「捕まってよかった。捕まらなければ続けていたと思う」と話しているという。

 調べでは、2人は今月3日午前9時15分ごろ、自宅室内に覚せい剤約1・4グラム(末端価格約8万4000円相当)を隠し持っていた疑い。(毎日ソース部分引用・以下略)

妹は未成年だからクラブにいれちゃまずいだろ。たしかに家族2人ではまったら歯止めがきかなそうだ。未成年は「少女」、20過ぎると「女」と書く新聞ルールがあるぽいね。で、少女がガンガン買ってきて友達との間で常用、やめるように説得していた女もはまっていったと。

毎日よりTBSのほうが具体的で(ソースは既に消失)

17歳の妹は、おととしから親からの小遣いなどおよそ40万円を注ぎ込んで、新宿・歌舞伎町などのクラブで売人から覚せい剤や合成麻薬のMDMAを購入していて自宅近くの駅などで同級生らにも転売していました。 (TBS報道より引用

と資金源、転売まではっきりと書いてますね。駅などで転売ねぇー、そりゃつかまるさ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう