新宿駅南口のJR高層ビル開発、都との交渉次第では高さ変わる?/新南口駅舎は2011年に代々木側に新改札口を設置し解体

この記事は9年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(新宿区新聞・リンク先PDF)アドビリーダーが必要です

既報の新南口上の人工地盤上等にできる2棟のビルですが、

これによれば

・ほんとうは総合設計制度を使って最大50階規模になる予定だったが、その制度が使えなくなったため今の高さにとどまった。またオフィスビルでは1フロアを広くするほうが賃料が高いので、この程度の階数におさめた。

・(甲州街道の北側から)タカシマヤがすっぽり隠れる。

・都の景観条例で新宿御苑からの眺望を配慮しなければならない範囲にあるため、都の判断(これはまだ)次第では高さ・階高を削ることもありうる

・2011年春に、新改札口を代々木側に設けてその段階で現在の新南口を解体予定。

ということのようで。

不動産情報は新宿区新聞がいつも得意ですね。

新宿区新聞の購入はこちら



↑他の新宿情報ブログも見てみよう