日本テレビ「スッキリ!」が指摘、防犯カメラのあるところは逆に警察の取り締まりが甘い

この記事は9年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(J-cast)

場面変わって顔を隠し音声を機械的に変えている録画では、10年以上新宿の店舗でオーナー経験があるという男性が登場した。男性によると、「おっぱい触れるよ、5000円」などという、特に外国人客引きについていくと「ドカンとやられます」。酒を飲んだ時点ですでに「終わり」だそうだ。酒に薬を仕込まれており、客はすぐにふらふらになり寝入ってしまう。後は財布から現金、カードを抜き取る手はずで、「10何万円」はぼったくられることになる。

かなり「古典的」な話題であまり「驚き感」はない。(ソース部分引用。前後略)

いや、J-CASTの人はぼったくり条例が出来てんの知らないのかな。日本人は、比較的遵守してるから大きいぼったくり店は殆ど無くなった訳ですが、結局外人のみの店舗とかが特に守ってないんだよね。まあ外国人だけじゃなくて古くから生業としてやってるヤクザと結託してるおばちゃんなんかは今でも細々ぼったくってますが。

番組で指摘している、カメラがあるから来ない、というのはありますねぇ。確かに。下手すると映ってるから安心だと思って通報もしないでしまう安心感がありますが、後から摘発につながることはそんなに多くないでしょう。というかカメラに対する警戒心って低いと思います。だって正々堂々とカメラの映るエリアで盗みとか働いてる人みるもん、たまに。

勝谷誠彦談「客引きには絶対付いて行かない、付いて行ってもいい事はない、世界の原則です」。(引用元同上)

このおっさん、テレビでまともなこということもあるんだね。あと「情報のない店には行かないほうがいい」というのもある。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう