歌舞伎町で「おっぱっぴー」小島よしおをみた日刊スポーツ記者のレポート

この記事は9年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(日刊スポーツSNS)予告 その1 その2 その3 コラム

こないだの日曜日、「PINKBIGPIG」で彼のショーイベントがありましたが、
広部玄記者の日記「こちら裏・社会部」の歌舞伎町短信にレポートが出てます。
小島よしおが予想外におもしろかったことを書いてますが、
彼自体、結構芸歴ありますからね。

撮影禁止なのが逆に臨場感があります。

・ある番組の収録中に股間から(下半身のナニが)”おっぱっぴー”したことが事務所で問題になった。そのため海パンの下に装着するサポーターを探したがなかなか見つからなかったため、仕方なく女性用パンティーをサポーターにした。しかし今度は、パンティーのフリルの部分が海パンから”おっぱっぴー”してしまい、逆に変態扱いされた…。
・地元のヤンキーにコンビニ前で自転車を盗まれそうになっていたので、注意したところ、ヤンキーが「あ、小島よしおだ!」。それを聞き、思わず”素”で「そんなの関係ねー!!」と絶叫してしまった…。
・スペインでスペイン人が「そんなの関係ねぇ」ネタを完全コピーしている。だがスペイン語でやっているため、「だけどもだっけーど」というフレーズが「ベロベロベッエーロッ」みたいなわかのわからない発音になっている…。(ソース記事2の主要部分、部分引用)

小島よしおのトークがおもしろいのはともかく、SNSで記事を書くという形態がおもしろいですね。作成記事数、訪問者数、コメント数などで競わせてるのもよい。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう