歌舞伎町の東京クリニックに、リタリン不正処方の疑いで立ち入り検査

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(東京新聞) (時事)

東京都新宿区歌舞伎町の診療所「東京クリニック」(伊沢純院長)が、依存性のある向精神薬「リタリン」を、適応症でない患者に投薬するなど不適切な処方をしていた疑いがあるとして、都と新宿区保健所は18日、医療法に基づく立ち入り検査をした。(中略)都や同保健所によると、2005年3月から今年3月にかけ、東京クリニックについて「無診察でリタリンを処方している」「副作用で問題行動が起き、警察に保護された」など30件を超す苦情があったという。

 新宿区保健所はこれまでも東京クリニックを数回立ち入り検査をし、診療体制などについて口頭で行政指導をしてきた。(東京新聞=共同通信社配信ソース部分引用、以下略)

とのことですが、

・30件以上のクレーム、
・数回の立ち入り検査
・口頭行政指導

をしていたということですが、なんで今回しか報道されなかったんですかねぇ。

時事によれば、

(前略)実態を把握した上で改善指導を行う方針。
 都によると、リタリンは本来、難治性のうつ病や睡眠障害のナルコレプシーなど限られた症状への処方しか認められていないが、同クリニックでは十分な診察をせずにリタリンを処方していたほか、処方後に副作用の経過観察を怠っていたなどの疑いが持たれている。診療をせずに希望する患者にリタリンを処方した例もあるとみられている。(時事ソース部分引用)

と、十分な診察をせずに処方の他経過観察を怠っていた疑いがあるとのこと。診療なしの例もあるとみられているとのことです。

ここに行ってた人ならわかると思いますが…(笑)。でも、経過観察までは酷かも。

都と新宿区は、報道はできても、改善指導までしか行えないんですねぇ。実効性がないんじゃどうしょうもないね。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう