夏木マリが歌舞伎町の「つるとんたん」をあんな店にした理由は岡本太郎だった

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(ZAKZAK・夕刊フジ)

また、近年はうどん店「つるとんたん」の東京・六本木店、新宿店をディレクション。六本木にはバー・カウンターを設け、新宿ではなんと、毎晩ミニライブが楽しめるようにした。

 「人が“何だ、これは!”と思うものがいいものだ、とおっしゃった岡本太郎さんが好きなんです。私がうどんのお店を手がけるのも、今回の新曲も、そう思ってもらいたいんです」

すぐ近くの車屋本店も、岡本太郎ゆかりがある店だってことは夏木さん知ってるのかなぁ。多分知らないだろうけど。

僕も岡本フリークなので、「岡本太郎思想」は大切だと思いますけど、それをいうとなんでも通ってしまうような(笑)。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう