新宿はみじんも触れられていませんが日本でいう「ネットカフェ難民」がロイターでは「サイバーカフェホームレス」「サイバーホームレス」と定義され報道

ソース(ITMEDIA,ロイター配信)

 アダチさんは、カフェ住人は重いバッグを抱えているので見分けが付くという。

 「彼らは本当のホームレスとは違います。ワーキングプアであり、多少のお金があるからです。路上に住んでいる人たちはまったくお金がありませんから」と彼は付け加えた。(ソース部分引用・前後略)

上野、蒲田、渋谷の例を挙げていますが、他の国際メディアが動くのも近い感じがしますね。

蒲田のような郊外に行くのは、サイバー系の中でもなかなか厳しい層らしいような分析がされています。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA