元東京都治安担当副知事で前警察庁局長の竹花豊氏インタビュー

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(中国新聞)

 

都副知事時代には暴力団が支配していた歌舞伎町対策に取り組んだ。「血を見るような厳しい戦いになる」と街の事業者に呼び掛けた。警視庁の徹底した取り締まりや支援もあり、飲食店主らによる昨年の「みかじめ料不払い宣言」につながった。一時、約二百の組事務所があり、多くの組員が闊歩かっぽしていた「怖い街」は大きく変わった。

 今回の一連の事件で、これまで各地で築かれてきた市民や行政、警察の協力による暴力団への包囲網を後退させてはならない。銃の脅しにひるんで、協力の輪が一角でも崩れると暴力団は必ず息を吹き返し、銃の拡散にもつながる。(ソース部分引用・前後略)

最近多発する暴力団がらみの事件で、いままでの組内抗争から、一般社会への発砲と変貌し、歯止めが利かなくなっている暴力組織の実情は、ということでインタビューとなったようです。まあ今このへんに関して強く出れる人は竹花さんくらいでしょうからね。でも、しのげなくはしたかもしれないけど、厳密には壊滅させた訳じゃないからなぁ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう