新宿御苑の温室が2007年5月14日から長期臨時閉館

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(EICネット)

理由が老朽化とかじゃないのが言い訳がましい。

新しい鑑賞温室は、21世紀の新宿御苑の指針として02年にまとまった「新宿御苑『環境の杜』構想(注1)」の内容や、06年の「植物園の保全活動に対する国際アジェンダ(行動計画)(注2)」への同苑登録--などを踏まえて、生物多様性保全、種の保存、歴史的遺産の継承などの観点から整備が進められることになっており、情報提供機能や普及啓発機能も強化される見込み。
 立地場所は現在の鑑賞温室とほぼ同じ場所で、開館は2011年。老朽化している現在の鑑賞温室は取り壊される。
 なお実際の新温室の施工は08年にスタートする予定だが、施工に向けた準備作業として、移植する樹木の根を切る「根回し(注3)」を07年春から実施する必要が生じ、「根回し」を行った植物は安全上、観賞上、植物保護上の理由から、展示困難になるため、今回、温室を閉館することにしたもの。【環境省】(ソース記事より部分引用)

環境の杜構想とかいいながら、新宿御苑は工事ばっかりじゃないか…。必然性があるのかはなはだ疑問です。しかも「臨時」で閉めるのってどうよ。

●関連サイト
新宿御苑側の発表



↑他の新宿情報ブログも見てみよう