4300万脱税「フェイズ」のカリスマホストに有罪判決 東京地裁

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(時事)

東京地裁の坂田正史裁判官は23日、懲役10月、執行猶予3年、罰金1100万円(求刑懲役10月、罰金1300万円)の有罪判決を言い渡した。(前後略・ソース部分引用)

執行猶予はついたけど200万しか減刑されてないっていうのもそれなりに重いね。所得税法って強いなぁ。

坂田裁判官は「ホストクラブの経営安定と拡大が動機で、身勝手だ」と非難。判決言い渡し後、「大変な思いでのし上がったのは分かるが、犯罪を繰り返すと刑務所に行くこともあるかと思う。あなたのような商売をしていると特に慎重にしてください」と説諭した。(前略・ソース部分引用)

ある意味では気を使ってるようにも見えるが、単純に次は刑務所だよといっているようなもんか。こういうのは見せしめでもあるから、まわりをけん制できないと意味ないしね。まあ重いのもしょうがないんじゃないかと。こういうのは控訴しても良いことないからこれで確定するんじゃないですかね。

●関連記事
2006年12月13日
カリスマホスト「流星」が脱税の罪状認める



↑他の新宿情報ブログも見てみよう