台湾で売っているけど新大久保でも売っている檳榔(ビンロウ)

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(探偵ファイル)

ビンロウ売り娘の動画を昔エロ本の付録DVDで見た記憶がある。
詳しくはリンク先を見ればわかるが、ビンロウって売り娘の露出ぶりで売れるっていうのがなんとも簡単でいい台湾文化。わき見運転などの問題があり、台北では露出系のビンロウ売りは禁止された。→読売新聞によれば上層部はヤクザとかかわりがあるらしい。あとビンロウ萌えフィギュアの入手方法は→こちらのサイトが詳しい。

大久保価格が2000円とはびっくりだ。以前にも大久保で手に入ることはこちらでも書いてますが、多分みんな同じところから入手してるとは思うけどね。書くなといわれているので書かないけれど、想像しえる場所にいけばいいのです。


ヒント:台湾人に聞く

しかし、大久保には「ビンロウ売り娘」はいないので念のため。きっとおっさんかおばちゃんが渡してくれるだけだよ。

国内にもビンロウは生えてるから違法にはなんないだろうけど、台湾から台湾産のを持ち込むと死刑だったような。少なくとも15年前はそう空港に書いてあったと、台湾に仕事で行かせた人に聞いています。

●関連記事
2006年4月2日
新宿エリアの微妙な話コネタ

●楽天リンク

嗜好品の文化人類学



↑他の新宿情報ブログも見てみよう