豊島区高田3のマンションで発砲

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(日経) (サンスポ)

高田馬場も平穏な学生街に見えるが、池袋に大組織がある関係か、廉価な古いマンションが多いこともあってか結構な組銀座で、川寄りの某名画系大手コーヒーチェーン店等ではまれに打ち合わせをする彼らを見ることが出来ますし、いわゆる暴力団の拠点図を知り合いのある人が、警察の聞き込みの過程か何かで見せてもらったんですがずらっと数十件はありました(伝聞)。一回高田のファミレスで、僕がいたら緊急集会かみるみる周りが全員ヤクザになったこともあった。最近はある大手組織の拠点と言われていた「不法占拠マンション」も解体されたため、だいぶ減ったとは言われていますが、それでもまだ沢山あることはあるね。

ここ数日、六本木・渋谷区近辺の発砲事件が多かったので気を抜いてましたが、豊島区とはいえ実質的に高田馬場地区で発砲がありました。

6日午前、東京都渋谷区と豊島区のマンションで発砲事件が相次いで発生した。いずれもけが人は無かった。どちらの建物にも暴力団山口組系組事務所や関係者が入居。港区で5日発生した暴力団住吉会系組幹部の射殺事件の報復とみられ、警視庁組織犯罪対策四課は暴力団同士の抗争事件として警戒を強めている。(中略)また同日午前8時20分ごろ、豊島区高田三のマンションから「発砲事件があった」と110番通報があった。警視庁目白署員が駆けつけたところ、同マンション2階の一室のドアに3、4発の銃弾が撃ち込まれた跡があったという。(14:02) (日経ソース部分引用)

(前略)4つの弾痕が見つかった豊島区高田のマンションはこの日、防弾チョッキ姿の警察官7人が警備に当たるなど、物々しい雰囲気に包まれた。同マンションの住民女性は「こんな危険な事件が、身近で起きるなんて…」とショックを隠しきれない様子。現場は交通量の多い新目白通り沿いにある。隣は専門学校、向かいにはファミリーレストランがあり、雑居ビルが立ち並ぶ。JR高田馬場駅から約500メートルで、学習院大までは約300メートル、早大までは約1キロ。学生らが不安げな表情で、足早に現場を通り過ぎた。(後略・サンスポソース部分引用)

もともと六本木エリアは山口組傘下入りした國粹会のシマだってテレビで言ってたけど、例の一件は良く知りませんが、山口×住吉みたいになってるんでしょうか。新宿エリアに飛び火しないといいですね。僕の発言ではないけどタクシーのおっちゃんが言ってました、「ふがいないね、報復なのになんでドアばっか打ってんだ」って。タクシー運転手は任侠映画のような抗争劇を期待してるんでしょうか。平穏なほうがいいですけどね。サンスポによれば執行部は基本的にはそうした暴走報復を止めに入るほうの立場なのだとか。

渋谷の一件は既に逮捕者が出たようです。
渋谷あたりは区画単位で細かく地割が決められているので、渋谷だけならこんな抗争にはならないと思いますが、日経によれば六本木・西麻布などの縄張りを巡ってトラブルになっていたとされるそうです。シマ関係を新聞はまだしもテレビが報道するのってかなり珍しいケースじゃないでしょうか。

サンスポによれば(ここ数日の抗争事件は)

(前略)背景には縄張り争いがあるとみられている。銀座や渋谷など都内の一等地を縄張りに持つ国粋会には、縄張りを他の組に貸す「貸シマ」の慣習があった。権利を貸し出して対価を受け取るシステムで、これまで住吉会などと共存。しかし一昨年に国粋会が山口組傘下に入り、複雑な勢力図に変わっていった。

 警視庁によると、今回トラブルとなった西麻布周辺は国粋会から小林会への「貸シマ」だったという。また事件前に小林会と太田会の系列組で、太田会側が港区内に新しい事務所を設置したことをめぐるトラブルが起きていたといい、同課で関連を調べている。(後略・サンスポソースより引用)

↓下の真偽は未確認ですが、もしそうなら早すぎ

山口組と住吉会が和解
2007年02月08日 17:12【共同通信】
指定暴力団住吉会幹部射殺と相次ぐ発砲事件で同山口組と住吉会が和解。警視庁の調べで分かった。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう