元「電波少年」のプロデューサーで有名、現在第2日本テレビ事業本部ED(エグゼクティブ・ディレクター)、土屋敏男氏が手作り動画で「歌舞伎町・友達100人できるかな?」を開始

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(第二日本テレビ)※音出ます注意

第2日本テレビにも1人、間に置けば知り合いが居ないでもないんだけど、相変わらず第2日本テレビ系はインターフェイスがなー。初期はGyAOのほうがネットユーザーには受けてましたが、今はダウンタウン松本氏のコント等、NTVのコンテンツ力で持ち直してはいるようですね。

その傘下のサイトだと思うんですが(ソース元)、これ、見た目はYoutubeをまねている動画アップロードですが、こうやって直リンクで来ると、サイトに戻るリンクがないのでどこが親サイトでどこから見ればよいのかわからない。

動画HTMLに直リンクだけ増やしてどうするんだろう…。

と思ったらタグで戻れますね。直リンクで来たら、タグで戻れるなんて普通誰もわかんないよ!
このサイトは、上はここにつながってました。なるほどビデオ投稿サイト、いつのまにかNTVも手がけてたか。しかし、どっちかというと官製というか大本営感が溢れるような。1日の再生数が100でトップだし(涙)。今回のこの企画は、新宿放送局の松永社長が案内に協力しています。これで少し(新宿放送局も、第2ビデオ投稿Hiro-BURN!も)PV増えるかな?

でも新宿放送局にとってはNTV系のネットメディアとは親和性は高いかもしれませんね。しかし土屋氏が(PC系のビデオ編集が)最近まで出来なかったとは知らなかった。いまどき外注のマイナー系の深夜番組なんかは、スタジオ編集持ち込む前までの白カンはPCに業務用ソフトでやってるとこも多いでしょうにね。

もう続きがUpされてました。
第二回案内所編※音出ます注意…(MAN-ZOKU系の)不動産店、シーズエステートに取材しています。

第三回(後編)シーズのポケパラの案内所へ


しかし「新宿放送局」の社長のランチにもゲスト出演していますが、新宿放送局のほうが本業務だからというのもあってか土屋さんの手作り画像よりカメラが上手いのが不思議です。いきなり「玉蘭」つれてくかなー(笑)。FCCビルのロゴのところにいつも刺さってる逆さ傘の秘密(謎)を聞いて欲しかった。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう