2007/2/9オープンの新宿バルト9はシネマだけじゃなくて舞台や音楽のスクリーン上映、スポーツのパブリックビューイングも行うとかで、いきなりPRIDEが参戦

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(日刊スポーツBlog) (@PiaのYahoo配信) (さらに詳しい@Piaの記事)

ニッカンより。

「バト×シネ~PRIDE.33~@新宿バルト9 オープニングイベント」

2月9日(金)午後7時開演、午後9時終了予定
榊原信行DSE代表取締役、他選手2人が参加。
内容:2006年のベストバウト上映会・トークショーを行う予定。
(リンク先に、携帯のニッカン★バトル有料サイトより抽選招待についての記事あり。)

一般が入れるのかどうかは不明。

なるほど映像と、トークが連動できる場所ね。これが定着すると、メジャーとマイナーのすみわけみたいになるんでしょうけど、ロフトプラスワンとかの雲行きが怪しくなりそうな気が…がんばって欲しいものです。

これがTジョイのいうシネコンから一歩踏み込んだ編成というやつですね。しかし、いきなり(ウ●社会問題という建前で)昨年フジを追い出されて年末はスカパーとDMMが放送した「PRIDE」が来るのはイメージ良いと言えるのか否か。

@PiaがYahooに配信したほうからは

・映画以外に舞台や音楽のスクリーン上映やスポーツのパブリック・ビューイングなどを積極的に行う“エンタテインメント・コンプレックス”を目指す。
・オープンから1か月間は、話題の舞台映像を映画館で上映する「ゲキ×シネ」の最新作『メタルマクベス』を含む全4作品連続上映。
・料金面では、オペラやミュージカルではお馴染みの「マチネ」料金を映画館に導入。(平日15時30分から18時の間に上映される特定作品が1200円)
・平日を含め連日深夜まで上映を実施。「バルトスペシャルナイト」として他では観られない特集上映やイベント上映も予定している。

と、かなり期待できそうな編成。

上手くすると(強力なコンテンツをもってこれればですが)歌舞伎町から人がこっちに流れちゃうような気もします。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう