都知事関係の豪華出張、四男の文化事業関係の非難強まる

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(日刊スポーツ) (東京) (スポニチ) (日刊ゲンダイ) (日刊スポーツ) (朝日) (日経) (赤旗) (TBS)

石原知事の海外出張について共産党都議団は、2001年にワシントンに出張した際のホテルで、一晩に条例の規定の6倍以上に当たる26万円を都が支払っていたと指摘したほか、同じ年のガラパゴスへの出張では総額で1400万円かかり、高額すぎると批判していました。

 8日の都議会の答弁で東京都は、26万円の支出については、繁忙期でホテルが取れず、飛行機の到着時間の関係で午前中にホテルに入ったため高額となったと説明しました。そして、いずれも支出は条例に基づいたもので問題ないという認識を示しました。(TBSソースより部分引用・前後略)

なんだか私が都庁地下で地道にパスポート申請している間に上のほうでは大変なことになってますな。それでも出馬、相変わらずの「のらりくらり」が上手なようで。まあMXTVとかでたまに都議会の会見を見ることもありますけど、むちゃくちゃなことは昔から言ってましたからね。この人を言いくるめるのは大変ですよ。

私も慎太郎氏名義の有害図書指定書類をかつて2-3回貰ってたりしてて、背広着て都庁に謝りに行くのが仕事だったりしたことがありますが、都庁は伏魔殿と言われるだけの施設ではありますな。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう