歌舞伎町商店街1000人が「みかじめ料不払い宣言」

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(読売) 追記:IZA(ZAKZAK=夕刊フジのほうが詳しい)

来月7日にホテル(京王プラザ)に飲食店店主らを集め、不払い宣言を行うそうです。

 歌舞伎町商店街振興組合の城克事務局長は「宣言をすることで、今後、要求を断る理由付けになるので、メリットは大きい。違法営業を行うから暴力団につけこまれるわけで、適法営業を呼びかけながら運動を進めたい」と話している。(前略・読売ソース部分引用)

ということですが

「新宿署など警視庁も、宣言をした店からの通報や相談に、積極的に対応するという」(同部分引用)

のはどうかなー。宣言しなかったところと差別をするのは。いろんな事情でできないところもあるでしょうよ。

しかし、関係者によると、古くからのつきあいなどとして、備品購入代やレンタル代など、商取引を装った形で今も一部店舗で払っているとされ、相場は、小さな店で毎月3~5万円だという。(同部分引用)

とのことだが、実際平均はもっと上、いろんな資料見ても。3~5は儲かってない店とかでしょう。風俗店だって10-15くらいは払ってるし。
単なるみかじめ用心棒料の場合もあれば、タオルやら植木やらミラーボールやらを買わされたり、その筋経由で借りている物件の場合家賃に含んでいたりというケースもあるし、いろいろ。はっきりいって熊手だって自主的に買いに行ってるやつじゃなくて配達のなら、明らかに年1のみかじめですよ。

まあお店側もやむなく払うなら領収書ほしいしね。

全国のモデルケースになればなんてのんきなことを警察は言っていますが、むしろ普通の感覚の人から見たらいままで1000人も払ってたのかよ!と(実際はそうでなくても)思ってしまう訳で、モデルケースどころか歌舞伎町の汚れっぷりをアピールしているだけのような気もします。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう