ヤクザマンションの夜、ふたたび

2017年6月5日

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

Kabukichou Yakuza Mansion

知り合いが歌舞伎町で俗にヤクザマンションと呼ばれるビルの1つに引っ越したので、遊びに行った。面白いのは現状渡しすぎるのと、(部屋内の)インターフォンの受話器が2つあって、1つはドア、1つは管理人直通(笑)。

(電話が部屋に2つ並ぶ写真が入ってました。)

郵便受けを見るとやっぱり1/8も名前出してない。ハングルもありますな。部屋番号だけで届けていると思われる。

あとエレベーターの監視カメラがすごかった。あんまり書くと特定されちゃうけど、とにかく過剰。

人の気配がないヤクザマンション


ヤクザ事務所ばっかりかと思うと、逆に人の気配自体がゼロ。きっといろんなところのダミー事務所ばかりなんでしょう。

とはいえ、その部屋のすぐ近くには看板が出てて、僕でも「××会の×さん」と素性がわかる明らかな組織(の一般別団体)があったりしますが、どこぞのヤクザマンションとは違って事務所が勝手に防犯カメラつけたりはしていませんでしたし、歌舞伎町に本部があるわけではないのできっとたまに来るだけなのでしょうね。

まあでも広いし、ある意味静かだからいいですね。
冷暖房が、たばこ臭くてまったく効かないのがお約束か(笑)。

あとトイレ・風呂が異常です。あとで写真載せますが、とにかくヘビースモーカーだったのか、短気なのか。さまざまなところで消している。

(タバコの跡がついた浴槽)(トイレ浄化槽の上のたばこ跡)(洗面台の上も跡だらけ)の画像が入ってました。

▲ここの不動産屋さんはとても良心的で有名なところで
専任仲介なんだが、ここまで行ってても現状渡しなんすね。

歌舞伎町の夜景だけは最高

前の住人さんは、契約を解除しないまま消えていったそうで、まだ電力会社から請求が届いていた。とても怪しい。

途中、エレベーターでホスト風の若者と、風俗風の女の子を見たが、どうみてもその方向への派遣かな。あとギターを背負った、明らかにノーマルな若者が入っていったのには驚いた。普通に住んでるのかな。

しかし、ここの階段から見る夜景はかなり綺麗で、「歌舞伎町そのもの」だった。

●関連記事
2004年10月23日 (土)
ヤクザマンションの夜

2004年12月20日 (月)
ヤクザマンションで発砲事件

2005年2月27日 (日)
萌えるヤクザマンションのコンビ二

2005年5月21日 (土)
松尾スズキオールナイトで歌舞伎町が舞台の「殺し屋1」を上映(5/28深夜)

2006年7月23日 (日)
税金をつかって歌舞伎町の路上でおきる男



↑他の新宿情報ブログも見てみよう