ブラタモリの2012/3/1放送分は「新宿誕生編」謎の地下駅が気になる

タモリと久保田祐佳アナウンサーが新宿御苑から新宿駅方面にかけて、江戸の街道沿いを新宿歴史博物館の鈴木靖さんの案内でブラ歩きする内容の予定。内藤家のご子息も登場されるとか。またスタジオアルタにも潜入。
初回放送はNHK総合2012/3/1の 22:00 ~22:48。テレビドガッチ(テレビ業界で作ったサイト)の配信記事は「お送り!」とかNHKのソースなのに日本語としておかしい。NHKはクレーム入れたほうがいいと思う。

気になるのは謎の地下駅。そこにもカメラが潜入しているというので期待してみましょう。

気になる方はリアルタイムまたは録画してみるといいだろう。詳細はリンク先へ。

ちなみに以前も新宿エリア、大久保などに関しては扱っている。

●ソース
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/dogatch/2012/02/post_1214.html マイナビ(テレビドガッチ配信)
http://www.j-cast.com/tv/2012/02/28123469.html J-cast(写真あり)

『グラビアアイドル、AV女優と飲める店』の経営者らが逮捕。六本木店の他、新宿店を経営する大久保の男も

2月27日までに、警視庁生活安全特別捜査隊はグラビアアイドルと飲める店というキャッチで営業していた「PIPPI(ピッピ)」の六本木店経営者とあわせて「PIPPI(ピッピ)」新宿店の経営者(新宿区大久保在住、30歳)ら4人を現行犯逮捕した(一部では3人と報道)。同店舗はそれぞれに20~30人の女性が所属、実際にグラビアタレントとして活動する人も含まれていた。2011年8~9月頃から2店舗あわせて4000万円の売上(六本木店が約1500万、新宿店が約2400万。月間ではそれぞれ250万円から400万円)があったという。

自称「新大久保に通いつめて開発しました」ピックルスコーポレーションが「新大久保キムチ」を発売

3月1日よりピックルスコーポレーション(埼玉県所沢市)は、「新大久保キムチ」を発売する。同社は「叙々苑キムチ」を発売するほか、「ご飯がススム」シリーズなどで、笑っていいともその他にCM、電車にも広告を打つ国内中堅メーカーでJASDAQ上場(2925)もしており、漬物全般を扱う。販路が広い。
この「新大久保キムチ」では、白菜は国産品を使用する。
『韓流ブーム再来の中、韓流の聖地として日々多くの人が訪れる「新大久保」に着目し、日本人の口に合う韓国キムチの味を追求しました。新大久保にある飲食店や韓国スーパーに通ってキムチを食べ歩き、”これぞ新大久保の味”と言えるキムチの味を開発しました。発酵をなだらかにして酸味を抑え、旨みがききながらもすっきりとした味わいが特徴で、クセがなくどなたでも食べやすく仕上げています。そのまま召し上がっても、鍋や炒め物など食材としてもおいしく頂けます。』
とのこと。

東京都が新宿区西新宿にある都庁本庁舎で使う電力の一部を中部電力から供給できないかの打診をしていた

MXTVのニュース等を見ていると猪瀬副知事の色が濃いというか猪瀬副知事応援テレビみたいになっている時があったりするのだが、東電に対しては第三位株主のため、特に強く出ており、怒りを隠せないときもあるようだ。

猪瀬副知事は2月22日、中部電力に対して電力供給ができないかを打診したことが報道で明らかになった。毎日によれば、副知事は「東電は子会社事務所の移転や自社ビルの売却だけで約100億円捻出できる。値上げにハイハイ応じるわけにはいかない」と発言している。2005年から電力の小売自由化にともない、契約電力50キロワット以上の事業所は地元の電力会社以外からも電力を購入できるということである。

日経によれば都は中部電力と特定規模電気事業者(PPS)として契約し、いったん東電を経由して供給を受ける形が想定されるという。共同通信によれば猪瀬副知事は「電力供給を受けるのには、いろいろな選択肢があるということを示したい」と述べている。

都は2010年度に需要電力とされた1万1000キロワットをベースに、既に4月以降は約3割(3000キロワット)を東京ガス子会社から購入することを計画するなど電力供給元の多様化を進めており、残り8000キロワットを中部電力との契約が可能か協議するようだ。東京電力が進めている17%の事業者向け大口料金の値上げに対して、実施されれば都では1億円の負担増になるということで、都が反発し、東電に対して再考するように促すアピールもあるといわれている。問題は中部電力の供給を受ける場合は周波数変換などの技術的な問題があり、それの克服が課題となる。

歌舞伎町に監視カメラが稼動してから10年が経過

10年前のきょう(2月27日)、歌舞伎町には50台の監視カメラが作動したのだそうだ。
産経新聞の10年前の夕刊社会面によれば、多発する犯罪抑止の目的で27日に24時間体制の撮影を開始されたという。警視庁と新宿署にリアルタイムで送られる他、1週間の保存がされる。これによって歌舞伎町エリアでは特に路上での犯罪行為自体は激減したため、一定の抑止力効果はあったと思われる。

●ソース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120227/trd12022703340001-n1.htm

2014年春、JR九州が新宿駅南口徒歩3分に「ブラッサム新宿」を建設、ホテル進出

JR九州(九州旅客鉄道)が新宿駅徒歩3分の場所で2014年(平成26年)春にシティホテルとビジネスホテルの中間形態のホテルを開業すると発表。「JR九州ホテル ブラッサム新宿」(仮)は同社最上ホテルブランドの「ブラッサム」を冠する。渋谷区代々木の専門学校跡地(約1,500平方メートル)を学校法人より購入利用。地上16F地下1F、床面積9,500平方米、25平方メートル前後のツインルームをメインに、従来のビジネスホテルよりもややグレードを高めた230の客室とレストランを予定している。

現実にない「新大久保」の住所、謎の台湾菓子メーカー「美味日本株式会社」に見る、中国での「新大久保」の知名度

実際にない住所が海外で騙られるほど有名になったのか、現実には存在しない「新大久保」の住所が書かれたお菓子が上海のファミマで売られていたというのがロケットニュース24にて報道されておりました。中国ではこのような菓子に限らず、いい加減な日本語がついた商品が多数あるのですが(日本風を装うと売れる)、記事では「プロデュース事業:ウマイコーポレーション」と書いてありそちらに電話した(当然架空なのでつながらない)と書いてあるが、写真を見るかぎりではその下の出品商:美味日本株式会社の住所・電話なのだと思う。「新大久保」というのは、元記事の通り駅名で、地名としては「新宿区大久保」「新宿区百人町」にあたり「新宿区新大久保」は存在しない。明らかに架空だし、地番表示も丁目がなく旧地番的な4桁+2桁表示。実際の製造は福建省、販売は広州。

オオクボという街の不思議な磁力-日経ビジネスがまるごと大久保エリア特集

No.1ビジネス雑誌の日経ビジネスは今回オオクボ特集。相変わらず変なセンスで名前をいじってるが、まあいい。編集長が駅での痴漢で逮捕された週刊東洋経済が今回「鉄道再起動」特集なのよりはマシ。
<概要>
・「日経ビジネス」2月20日号の特集は大久保特集。百人町1~2丁目・大久保1~2丁目を「オオクボ」と呼んで取り上げた
(厳密には世間の人たちは「新大久保」と呼んで新大久保エリアを闊歩しているので、世間とのズレを感じるが全体把握にはいいのだろう)
・ビジネスチャンスの気配を嗅ぎとり若い人材が海外から押し寄せる。イスラムのモスク、台湾人の寺院、タイ向け食材店、ミャンマーや中国、フィリピンなど主にアジアからの移民を受け入れて成長を遂げている「内なる新興国」(と定義している)
・新宿区に住む外国人のうち1/4にあたる約8,000人がオオクボに住む
・オオクボには家賃53700円の木造アパートが多いのだそう(理由は新宿区内の生活保護受給者が受け取れる家賃補助の上限額)
・取材班がいつのまにか通いつめることになったオオクボの磁力を読者にも体感して貰いたい
(要旨抜粋、一部編集)

新宿近くのパーツもあるよ!それを抜きにしてもブログパーツ探しに2500以上のパーツがある、ブログパーツドレッサーのご案内

ブログの脇が寂しい…というよりも積極的に情報を取り込む時代!
いまや、映画や本、サイトのプロモーション媒体のみならず、時計・カウンタ、アクセスアップ(SEO)やコミュニケーション目的(例:チャット、twitter表示、メールフォームなど)まで、実用的なものも多数ある「ブログパーツ」。 そんなブログパーツを現在約2500を超えて紹介している『ブログパーツドレッサー』。ブログパーツの貼付け・検索は勿論、作っている人でもブログパーツを投稿・公開できる。この手のブログパーツ案内サイト自体は今までもたくさんあったが、ここはブログパーツ本体コードの他、「このブログパーツを貼りたい」のリンクから、ブログパーツ提供本体サイトの埋め込みコードページに飛べるので説明不足感が無い。
中央線沿線系ブログパーツもある。新宿のも増えないかなあ…

当サイトがオススメするのは、新宿からほど近い中央線沿線の専門サイト、「三鷹~中野間のグルメ情報「みたなか」ブログパーツ」。4000店舗以上のみたなか情報が表示されるという。
渋谷はイベント情報の活性化に繋がりそうなブログパーツを

あとは「渋谷文化プロジェクト」ブログパーツ。ちょっとすかしている渋谷カルチャーが、3種のブログパーツで提供されているが、上映・開催されているカルチャー情報をランダム画像表示してくれるやつなんかは暇な時に実に便利そうだ。

 

「ブログパーツドレッサー」はまだオープンしてから3ヶ月しか経っていないのだがそれで2500を超える登録は本気度が伺われる。ブログのサイドバーに何か貼りたいけど、あんまりブログサービスサイトにはいいのがない…とかいう時はこちらのサイトを利用してみてはいかがだろうか。

http://www.blog-dresser.com/
[PR by ブログタイムズ]

新大久保のライブハウス「聖地」実質経営社長が興行ビザ無しのアイドル「GREAT」にライブ活動をさせたとして書類送検に

既報の通り短期ビザで入国していた「GREAT」メンバーは書類送検(1月11日)されていて、先に帰国(12月)しているが、昨年10月~12月K-POPグループ5人に興行資格がないビザなのにライブをさせたとしてライブハウスを実質経営する男(48歳韓国人社長)が2月15日に書類送検された。事情を知りながら来日させ活動させたため、入管難民法違反(資格外活動)幇助容疑にて。