タモリが赤塚不二夫を追悼「出会いは歌舞伎町の飲食店『ジャックと豆の木』、ブレイク後もふたりふざけて見せるSMショーは新宿で人気だった」

→ソース(日刊)   関係者によると悲報後は落ち込んだようだが、この日の「笑っていいとも!」の生放送には予定通り出演した。 2人が初めて出会ったのは75年。場所は東京・歌舞伎町の飲食店「ジャックの豆の木」だった。タモリは早大中退後、地元の福岡で保険会社員など職を転々としたが、ピアニストの山下洋輔氏を介して同店に呼ばれ、珍芸を披露。怪しい外国語を操るギャグなど6時間ぶっ続けの独演に笑い転げ「天才の出現だ」と喜んだ赤塚さんから宿泊先を聞かれ「ない」と答えると、東京・目白のマンションに招かれた。(略)タモリのブレーク後もよく飲み明かし、2人がふざけて見せるSMショーは新宿で人気だった。(ソース部分引用・前後中とも略あり) 週明けのテレビは赤塚先生の報道一色でしたが、この話を聞くと、「新宿を象徴する人物はタモリ」というのもあながち「いいとも!」だけのせいではないのかもしれません。彼も赤塚先生も、元々新宿に根付いていたのですね。しかしSMショーっていうのが赤塚先生&タモリらしい。   ジャックと豆の木については 奥成達資料室 に資料がある。

西新宿7の讃岐うどん店「東京麺通団」監修のうどんがローソンから2008/8/19発売予定

→ソース(日経トレンディ) 「めんたまぶっかけうどん」は、東京・新宿のうどん店「東京麺通団」が監修。温かい「明太釜玉うどん」を冷しうどんで再現。食べやすい細めのうどんに、明太と半熟卵がマッチする。 (日経トレンディソース部分引用・前後略) もう1つのは、麺通団とは別にうどん研究家が担当。リアル店舗でも人気が続いている麺通団ですが、QRコードからアクセスできるVS対決投票に投票した人には抽選で著書がプレゼントされるという話。うーん、どの程度の再現性になるのかなぁ。

西武新宿ぺぺがポイントカード入会申込書3通を紛失

→ソース(セキュリティネクスト) 所在が不明となっているのは、「プリンスポイントカード」の入会申込書。7月6日に同ビル3階の特設カウンターにおいて入会手続きを行った3人分の書類で、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、職業、配偶者の有無などが記載されていた。申込書の控えなどがないため、個人の特定ができないという。(セキュリティネクスト部分引用・前後略) 西武商事では、お客様番号を公開するので該当するカードを持っている人は同社に連絡してほしいと呼びかけているようだ。 紛失されたのは、7/6の18:30~22:00までの間に、西武新宿ぺぺ3Fの特設カウンターにてご入会いただいたお客様の入会申込書。 該当お客様番号 70176443 70176444 70176445 この3つのいずれかのカードをお持ちの方は、西武新宿ぺぺ(03-3232-7777)受付時間11:00-22:00(8/13除く)、もしくは西武商事株式会社店舗運営部(0120-266-307)受付時間土、日、祝除く10:00-17:00 に連絡してほしいとのこと。 ●関連サイト 西武商事

2008/8/5の豪雨で新宿区で29棟が浸水、都内でもっとも多い。がけ崩れも2箇所

ソース(日経) (読売) (毎日) (朝日) (NHK) 東京都などによると、都内では5日午後9時現在、千代田、新宿、文京、豊島の各区で計77棟の床上や床下浸水の被害が発生。新宿区の被害(29棟)が多く、区立津久戸小学校の体育館や区立西早稲田中学校で床上浸水した。(日経ソース部分引用・前後略) 学校施設などがあったのが特徴的だったようです。 東京都などのまとめによると、都内では床上浸水が千代田、新宿、文京の3区で計46件、床下浸水が千代田、新宿、文京、豊島の4区で計14件確認された。新宿区でがけ崩れが2カ所で起きた。消防庁によると、千葉県でも床上・床下浸水が計10件、長野県でも床下浸水1件の被害があった。(毎日ソース部分引用・前後略) がけ崩れも2箇所。 東京・新宿では地中のガス管が折れ、ガスが漏れた。(朝日ソース部分引用・前後略) ガスも! NHKによれば、 床上まで水につかった建物は、千代田区で11棟、新宿区で9棟、文京区で6棟、墨田区で1棟あわせて27棟となっています。新宿区では、正午ごろに一時、道路を川のように水が流れ「牛込箪笥地域センター」では、公園に面した2階の出入り口から水が流れ込む被害が出ました。また、津久戸小学校の体育館では、30分ほどの間、床上まで水につかったほか、西早稲田中学校でも1階のコンピューター室や廊下が床上まで水につかりました。このほか都内では、新宿区で7棟(以下略、床下浸水の数字、ソースNHK17:31現在) 結構大変です。 それでも都としては「建物被害は比較的小さかった」としています。 他、落雷で埼京線や、湘南新宿ライン、西武新宿線に影響があった模様です。

かつて新宿を根城に飲み歩いた…赤塚不二夫氏が逝去

→ソース(毎日)
2日に亡くなられた赤塚不二夫氏ですが。「天才バカボン」や「おそ松くん」、でん六のお面などはおなじみですね。彼の新宿で遊んでいた頃のエピソード。

人気漫画家になってからの遊びっぷりは破天荒だった。東京・新宿を足場に飲み歩き、ジャズの山下洋輔さん、作家の筒井康隆さん、映画監督の山本晋也さんなど幅広い交友関係を持った。そんな中からタレント、タモリさんを見いだした話は有名だ。ジャズ・フェスティバルのプロデュースやテレビ番組の司会、ミュージカル・コメディーの演出など多方面に才能を見せた。(毎日ソース記事部分引用・前後略)

赤塚さんは落合エリアの人だったと思うんですが、僕が知ってるエピソードとしては闘病中(?)でも元気な頃に編集者が赤塚氏にインタビューを設定したとき、ロケ地が銭湯だったので、本人がサービスしすぎて滑ったりしないかを周りがみんな心配していたような話を人づてに聞いたことがあるような。そのくらいサービス精神旺盛な人だったんですよね。

俺もどこかに赤塚さんがマンガの描き方に関し、子供たちに対してHowtoする短文をずっともってたんですが、無くしちゃったなぁ…見つかったら引用でもしてみます。

新宿がらみでは→ソース(東京)でもこんなエピソードが。

 東京・新宿でジャズクラブ「ジャズスポットJ」を経営するバードマン幸田さん(62)は、かつてタレント、タモリさんと開いた店が約三十年前に全焼した際、赤塚さんが再建の先頭に立った思い出を語った。「赤塚さんは再建委員会を立ち上げてカンパを募るなど、資金面で全面的に応援してくれました。命の恩人です。世の中にあんなにいい人はいない」とその死を受け入れられない様子だった。(東京ソース部分引用・前後略)

ジャズスポットJへのリンクは当サイトトップにもあります。

新宿区新宿在住の男が池袋ジュンク書店で刃物で万引きし逮捕

→ソース(MSN産経)

3日午後6時50分ごろ、豊島区南池袋の「ジュンク堂書店」で、男が文庫本を万引し店外に出たため、目撃した男性警備員(68)が呼び止めた。男は折りたたみ式ナイフ(刃渡り6・5センチ)を出して「刺すぞ」と脅迫。走って逃げようとしたが、警備員と客数人に取り押さえられた。警備員らにけがはなかった。(ソース部分引用後略)

万引きで報道? 大人だから? と思ったら文庫本5冊で刃物。ここのところ書店での殺傷・事故の事件が相次いでますからこれはダメですね。新宿在住24才男子だそうですが、なぜ池袋で…

(TBSの動画・すぐ消えます)によると、逮捕瞬間映像がありますが、解説によればかなり(本人が)パニック状態だったようで、自傷して発作を起こし病院に運ばれたとか。